刺青「彫あい」日本伝統刺青は新宿にある和彫りや水滸伝など伝統的な図案を手がける彫り師です。

刺青作品「不動明王」|刺青「彫あい」日本伝統刺青

不動明王

密教における大日如来の化身であり、如来の教えに背く者たちをその恐ろしい忿怒の形相で調伏し、 同時に背後に燃えさかる大火焔でその煩悩を焼きつくすといわれ、通常右手に剣、左手に羂索といわれるものを携えている。 日本伝統刺青においては単独か、その両脇に矜羯羅・制多迦の二童子を配したものや、この刺青画像のように龍にまたがったもの、 または不動明王が龍に変化し、剣にからみついた「具利迦羅龍」というのもよく彫られている。
comment:
スタートです。